高血圧 肩こり

健康食品で血圧を下げるには何を摂取したらよいのか

高血圧の人は、動脈硬化に気をつけなければならない。動脈硬化とは、血液が流れる血管の壁が刺激を受けて固くなり、そこに血液中の不要な成分が張り付くことによって血管の内部を細くしてしまう病気である。いわゆる、血液がドロドロになって血管を詰まらせるという状態になることなのだが、これを改善するためには血液をサラサラにすることが重要となる。

最近ではよく「血液をサラサラにする」ということをアピールしたような健康食品を見かける。実際にこのような食品は血圧を下げる効果があるのだろうか。

健康食品のメリットは、身体に必要とする成分を凝縮して大量に無理なく摂取ができるところにある。例えば、コレステロール値をさげるにはシイタケに含まれているエリタデニンという成分が効果的であるが、だからといって大量のシイタケをそう毎日食べ続けることはできないだろう。そのような人にとって、エリタデニンを凝縮してカプセルにでもしてくれたらどんなに楽に摂取できることだろう。つまり、これが健康食品の考え方なのである。

健康食品は、薬ではないので治療ができるわけではない。しかし、毎日の生活の中で「この栄養成分を毎日摂りたいけれど、難しい…」という場合に補助食品として摂取することによって、無理なく体調を整えていくことができるというわけだ。つまり、血圧が上昇気味の人にとっては、血圧の数値を下げやすくする健康食品を摂取し続けることによって、治療はできないものの予防はできるのだ。

また、健康食品を摂取し続ける毎日を過ごすことで、つねに病気を意識した状態を保つことができる。これが血圧低めの生活を送る上で最も大切なことなのだ。そういう意味でも、健康食品の摂取をオススメしたい。

身体が高血圧状態になる理由は動脈硬化から守るためだった

暴飲暴食をしている中年のサラリーマンは、血圧が高めになる。塩分濃度の高いものをつまみにしながら飲酒をすると、血圧は急上昇する。二日酔いでまだ酒が体に残ったような状態で働き、その日の終業後も迎え酒をするような生活。血圧が下がる暇がない。

そもそも、人間の体においてどうして血圧が上がったり下がったりするのだろうか。この「血圧」とはなんなのだろうか。これは、心臓から送り出される血液が血管の壁に与える圧力のことで、大量に血液が作り出されれば当然流れに勢いが増すため、その壁への圧力が高くなる。この状態を高血圧という。大量に血液を作らなければならない時というのは、ある特定の臓器に通常よりも負担がかかったときである。例えば過食をして胃に負担がかかった場合、消化をするのに大量の血液を必要とするので、胃以外の臓器へ送られる血液が不足する。そこでたくさんの血液を作ることをして血圧が上昇していく。

暴飲暴食を続けることにより、そのたびに胃腸や腎機能に血液が集中してしまう。これによって常に血管には圧がかかった状態になり、慢性的に高血圧になる。そして、常に張られて緊張状態の血管はその壁がだんだん薄くなっていき、ついには血管が切れたりもろくなっていく。この状態が動脈硬化である。また、血液の状態が不健康でドロドロしていると、その通りが悪くなり、血管壁に沈着物が付着して血管の通り道を狭めてしまったり詰まらせてしまうことがある。詰まらないように血液の流れを早めて、流れを良くしようとする。高血圧の状態はある意味、身体が動脈硬化にならないようにするためには必要な状態と言える。

しかし高血圧と動脈硬化の両方の状態が続くと、どちらも進行が進む悪循環を招いてしまうことがあるので、気をつけなければならない。

その頭痛は急激な血圧上昇が原因かも?高血圧緊急症という病気

普段から高血圧に悩まされ、サプリメントでコントロールをしたり、日常生活を気をつけたりする人は多い。高血圧の症状を放っておくと、心臓に負担がかかり、血管に異常をきたし、結果的に脳卒中や心筋梗塞などの大病の原因となってしまう。こういう症状は、痛みを感じない高血圧という状態を長期に渡って無視し続けた結果、怒ってしまうことが多いのだが、それとはまた別に、血圧が急上昇することによって命に関わるような大病を引き起こすことがあるという。

この症状を、高血圧緊急症という。血圧の急上昇に伴って、視力障害や頭痛、けいれんなどをひきおこしてしまう。具体的な経緯としては、血圧が上昇することによって脳の血管が拡張され、頭がい骨内の圧量が急上昇することにより発症する。

この病気の原因は、基本的には常々高血圧と闘っているという人が基本的にかかりやすい。血圧が上昇するときというのは特定の臓器に集中して負担がかかっている際に、他の臓器に送り出す血液を大量に作ろうとして起こる。ゆえに、腎機能に疾患がある人や、胃腸に負担をかけるような食生活をしている人なども注意が必要である。

治療法としては、緊急性のものなので、まずは応急処置として血圧を下げる降圧剤を投与する必要がある。高血圧の症状が見られる日本人は、成人人口の3分の1と言われている。それほど身近にある病気のため、命に関わるような病気だと思っている人があまりにも少ない。しかし、緊急性の高血圧の症状が出た場合には、放っておくと脳こうそくで倒れ、ついには死に至るケースもある。自分の体の症状はこまめにチェックして、サプリメントなどで管理することも悪くはないが、定期的に医者にかかる習慣をつけた方が良いだろう。

緊張して血圧が上昇することが多い人は病気にかかりやすいのか

血圧が上がると、様々な病気を引き起こす。動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞…。現代人はその栄養過多な食生活によって、高血圧になりやすい。特に日本人の食生活というのは、煮物や漬物など、塩分濃度の高いものが多いため、3人に1人は高血圧の症状が見られるのではというデータも存在するほどである。

しかし実は、食生活などの生活習慣ではないものが原因で、高血圧を招くことがあるという。それは「緊張」だ。緊張すると、高血圧症になってしまうことがあるのである。これはどういうことだろうか。

この症状には病名がついている。「白衣性高血圧」と言って、普段の血圧数値は平常であるにもかかわらず、健康診断時に医者や看護師を目の前に計測すると緊張して異様に高い数値をはじき出してしまうことからこの病名がついたそうだ。しかし、これは病名がついているにもかかわらず、緊張すると数値が高くなるということで、日常生活を送る上では何ら問題はないのが特徴だ。ゆえに、基本的には治療を要する物ではない。

しかし、病院に行き血圧の数値が高ければ、むろん医者は降圧剤などの投薬を勧めたり治療を促したりするだろう。本人が「いつもはこんなに血圧の数値は高くないんです」と言ったところで、証拠がないので、医者も白衣性高血圧とは診断しがたいのである。

ゆえに、大切なのは常日頃から血圧を測定し、その結果を記録しておくことである。健康診断などの受診時には、その記録を照らし合わせながら医者と話せばよい。また、こういう準備をしているということが、病院に行ったときに意外と緊張状態を緩和してくれて、平常の範囲内の数値で治まったりすることがあるそうだ。緊張しないようにすることは到底難しいが、気持ちを落ち着かせてなるべく極度に緊張しないように自分をコントロールできるようになると、とても良い。これは血圧云々ではなく、日常生活を過ごすうえでとても大切なことだと思う。

尿の回数は大丈夫?抗利尿作用のホルモンが血圧を急上昇させている

人体にはたくさんのホルモンが存在する。その中で、抗利尿ホルモンという言葉を聞いたことがあるだろうか。これは、尿の回数を少なくすることを促すホルモンで、腎機能に関係している。

ヒトはスポーツなどをして汗をかくと、脱水症状を起こす。このまま水分を摂らずして生活すると、やがて水分不足により身体が危険な状態になる。そんななかで、頻繁に尿を輩出していてはさらに脱水状態を加速してしまう。そのときに分泌されるのが、この抗利尿ホルモンである。

身体にとって必要不可欠なホルモンなのだが、血圧高めの人にとっては、時に厄介な状態をひき起こす。血圧が高い人はそもそも、飲酒や塩分過多な食事など、腎臓に負担のかかる生活を送りがちなため高血圧を招いてしまうことが多い。この場合、血圧を下げるために腎臓に大量の血液が送られることによって、多臓器分に送るべき血液を心臓が作り出すことによって、血圧が一気に上がってしまう。これと同じように、抗利尿ホルモンが過剰に分泌すると、腎機能がコントロールされて水分排出を抑えるような動きをする。しかし高血圧の人はもともと腎機能に負担がかかりやすくなっているため、腎機能が抑制されたことを負荷がかかっていると勘違いして、大量の血液を作り出すと同時に急激に血圧が上がってしまうことがあるのだ。

つまり、血圧高めの人がスポーツなどをする際には、脱水状態にならないようにこまめに水分を摂取しながら行わなければならない。そうでなければ血圧が急上昇して、運動中に倒れたりということもあり得るので、是非気を付けていただきたい。

日本人の3人に1人!?意外と身近で患者数の多い高血圧

血圧上昇を緩和するためのサプリメントや飲料などが次々に発売されている現代。そのくらい、日本人にとって高血圧という症状は身近なものなのではないだろうか。事実、日本の成人の3分の1が高血圧、または健康診断などで血圧の数値に引っかかったことがあるという。

このように患者人口が多いせいか、高血圧というぢょう場をあまり危険なものととらえていない人が多い。しかし、高血圧から引き起こされる合併症には動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞などがあり放っておくと本当に恐ろしいものなのである。

そもそも高血圧はどうして起こるのかというと、様々な要因から体内で大量の血液をつくり心臓に負担がかかることからはじまる。血液を作らなければならない時、というのは例えばある特定の臓器に負担がかかるような時である。例えば暴食した場合は胃腸に負担がかかるため、そこに血液が集中する。すると他の臓器に運ばれるはずの血液がなくなるので、その分を急いで作り出さなければならなくなるため、心臓に過度の負担がかかってしまう。

日本人の食生活は和食中心でヘルシーだと言われている。確かに油分少な目、カロリーも低く健康的だ。しかし唯一、塩分濃度が高い。味噌汁も漬物も、煮物や塩焼きも、大量の塩を使って加工されている。この塩分過多の食事が高血圧をまねくため、日本の高血圧人口が高くなってしまうのである。

ゆえに、日常生活の中での食事には気をつけなければならない。塩分濃度の高い食事に合わせて、飲酒もするようならなおさらだ。そこに運動不足が加わればすぐにでも血圧は上昇するだろう。ただ、一回の食事に塩分がどのくらいあるのか、いちいち気にしていられないというひともいるだろう。そういう人は、とにかくこまめに水分を摂る、つまり水を沢山飲む習慣をつけると良い。老廃物を排出する動きをうながすために、塩分を体内にため込みにくい体を作ることができる。サプリメントも有効だろうが、まずは簡単に水を飲む生活から始めると良いかもしれない。

高血圧は慢性的な病気じゃない!突然訪れる高血圧脳症とは

ある日突然激しい頭痛やめまい、嘔吐があったり、急激に視力が低下したりなどの症状が見られる場合、それは高血圧性脳症という病気かもしれない。

高血圧性脳症とは、脳動脈の動脈硬化と、急激な血圧上昇が重なることによっておこる緊急性の病気である。短時間のうちに血圧が急上昇すると、脳の圧が上がってしまい、脳がむくんだ状態になる。それが原因で、頭痛や言語障害、意識が飛んでしまうなどの症状が見られ、放置することによって痙攣やひきつけを越して昏睡状態に陥ることもある。

どのようなひとがかかりやすいかというと、まずはそもそも血圧の高い人。高血圧というのはそれ自体に痛みをともなったりしないために、気付かない人や見て見ぬふりをする人が多い。しかしこの情チアを放っておくことは大変危険で、結果的に高血圧性脳症などの重病を引き起こしてしまう。また、腎臓に疾患のある人や妊娠中毒症の妊婦もかかりやすい。これは、体内で塩分を処理する能力が低下しているために常に高血圧の状態にあるためである。

このように突発的に大病にかからないようにするためにも、日ごろのケアと自分の体調の把握をおこたらないことが大切である。血圧は毎日同じ時間に計って記録しておくことが望ましい。また先述したように、塩分過多な食生活は血圧の急上昇の原因ともなり得るので避けなければならない。高血圧はあらゆる動脈を刺激して、動脈硬化からさまざまな合併症を引き起こすが、やはり脳に影響を受けてしまうと早期発見できたとしても麻痺が残ったりと以前と変わらない生活をすることが難しい状態になってしまう場合が多い。毎日、ほんの少しの心がけだけで防げる病気のはずなので、是非心にとどめていただきたいものである。

血圧の上昇で急に倒れることも!日常生活での予防法とは

暴飲暴食気味の男性は、血圧を気にする。高血圧症は、塩分や油分の多い食生活や過剰な飲酒によりなりやすい病気である。しかし、気にしてはいるものの、通院したり服薬治療を行ったりとケアしている人は少ないように思う。ただ「自分は血圧が高めである」という事実だけを認識しただけで、放置している人も多い。

しかしながら、高血圧を放っておくと突然倒れたりすることがある。それは血管が詰まっておこる動脈硬化や脳卒中などの大病として体に急に症状を表わす。高血圧、という状態自体には何の痛みもないために、自分自身の体の状態がどのようになっているのかが判らない。軽度の高血圧症の人も、危険な状態の人も、何の差し障りもなく日常生活が送れてしまう。

突然倒れたり、大病にかかってしまわないように、毎日のケアが必要だ。その方法は三つある。一つは、体を冷やさない事。体を冷やすと代謝が悪くなり、血流を良くしようとして心臓のポンプ作業が激しくなる。それによって血圧が上がりやすくなってしまうので、常に身体、特に足先などの末端を冷やさないようにするだけで血圧の上昇を抑えられる。

二つ目は、やはり食生活である。一番気をつけなければならないのは塩分である。塩分を過剰に摂取すると、体内で塩分濃度を緩和しようとして血液が多く作られる。これによってまた心臓に負担をかけてしまうので、血圧が上がってしまう。

そして三つ目は、毎日同じ時間に数値を計測する事である。一番いいのは朝起きた直後。毎日測って、数字を意識することによって日常生活全体を気を付ける習慣がつく。ちょっとしたことで大病を防ぐことができるので、是非試していただきたい。

塩分や酒の摂りすぎでむくみが気になる人は高血圧の病気に要注意

大酒飲みな人ほど、飲む際にはあまりものを食べないのだという。そのかわり、少量食べただけで味を濃く感じるもの、たとえば塩辛とかカラスミなどを併せて摂取する。基本的にお酒に合うような珍味は、塩分濃度が高い。少量をゆっくり摂取するには問題ないのだが、酒に酔って満腹中枢がやられてしまった際に過剰摂取をしてしまうと大変だ。

このような場合、次の日に顔や脚がひどく浮腫んでしまう。塩分を過剰に摂取すると、体内の水分が排出されずにため込まれるためにむくみを引き起こすのだ。この浮腫んだ状態を次の日も、その次の日も繰り返していると、最終的には血圧が上昇して、様々な大病を引き起こしてしまう。体内の塩分比率が高まると、体内水分量も増える為、。それを排出しようとして一定の内臓器官に集中的に血液が集まってくる。すると、他の機関が血液が不足していると危険信号を出すため、心臓がポンプ作業を頻繁に行いながら血液を循環させていく。

このポンプ作業というのが、心臓にとって大きな負担となり、疲労に繋がり、結果血圧が上昇していく。血圧が上昇していくと、血管の中の血流が滞ってしまうため、血液がドロドロになっていく。そうすると、動脈瘤ができたり血管がふさがってしまうため、動脈硬化や脳卒中など、恐ろしい病気を引き起こすことになりかねないのである。

正直な話、塩分過多な食生活も宜しくないが、過剰な飲酒の方がもっと血圧上昇を助けてしまう。よって、この危険な行為を一度にしてしまうような生活は、身体にとって悪いことだらけだ。少しでも症状を緩和させていくために必要なことは、体内の水分をため込まずに排出させて、むくまないように気を付けること。つまりは、飲酒をするときも塩分の多い食べ物を摂取するときも、大量の水を飲みながら行うと良い、ということだ。体内の老廃物を排出することを心掛けながら、もちろん飲酒はほどほどにして、浮腫まない生活を送っていただきたいものである。

冷えや便秘…女性に多い悩みは血圧上昇の原因にもつながっていた

女性の多くが悩まされる、冷え症。冬になると布団が当たるだけで痛いという人がいれば、夏です、ら体は汗をかきつつも足先は常に冷たいという人もいる。体の末端が冷えることによって、女性は様々な病気を引き起こす。多く耳にするのは便秘。そしうて、むくみ。さらには生理不順や生理痛。これらの症状は慢性的に起こって、常に女性を悩ませている。

じつはさらに、あまり知られていないが、体の冷えが高血圧症を引き起こすということが判っている。高血圧、というとイメージ的には暴飲暴食の中年サラリーマンがなるような、塩分や油分の過剰摂取によるもののような感じがする。しかし、きちんとした食生活をしていても、身体が冷えてしまうと血圧が上昇してしまい、高血圧症だけにとどまらず心臓疾患などの大病にかかってしまう危険性があるのだ。

通常、気温が下がると寒さが原因で身体が冷えてくる。手足がかじかんだり、寝つきが悪くなったりする。体温が1度下がると、基礎代謝が12%も低下する。これによって代謝がすこぶる悪くなり、サラサラなはずの血液がドロドロになってくる。この結果高血圧を引き起こしてしまう。また、血液がドロドロになるということは血管が詰まりやす卯なるということに繋がるので、動脈硬化や脳卒中といった恐ろしい病気の症状が突然現れる可能性があるということだ。

同様に、冷えから便秘になることによっても、体内の毒素が排出されないまま滞って、活性酸素が増えたり悪玉コレステロースが増加したりして、動脈硬化の原因となり得る。身体を冷やすことはとても危険な行為なのである。

TVに出ている女優の中には、体温より低い飲み物を飲まないと徹底している人も多くいるという。いくら外が暑いからといって、あまりキンキンに冷やしたものを摂取することは控えるべきである。

1 2 3 4 >